1. トラックドライバー求人トラQ
  2. 転職ガイド
  3. トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこと
最終更新日:2022-03-16

トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこと

トラQ編集部
トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこと
トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこととは?実際に知っておきたいトラック運転手への転職が成功する秘訣!

トラック運転手と聞くと「高収入」というイメージが強い方が多いかと思います。

また、「仕事中は1人での作業になるため楽」というイメージを持っている方もいるでしょう。

2019年に労基法が改正され、トラック業界の中でもブラック企業は減りつつありますが、トラック運転手への転職が必ず成功するとは限らず、中には失敗だったと後悔してしまう場合も…。

そこで今回は、トラック運転手の転職失敗の原因を検討しつつ、転職が成功する秘訣についてまとめてみました。

・トラック運転手へ転職失敗する事例について知りたい
・トラック運転手への転職が成功するためにはどこに注意したらいいの?
・ブラックな会社を見分けるための方法が知りたい

このようにお考えの方は、ぜひ参考にしてください。



【目次】
1.トラック運転手へ転職失敗してしまう事例
 1-1.求人情報と実際の雇用条件が異なった
 1-2.休憩時間がほとんどない会社も存在する
 1-3.頑張れば頑張るほど睡眠不足になる場合も
 1-4.トラック運転手は人間関係が楽だと思っていたら…
2.トラック運転手への転職はここが素晴らしい!
 2-1.運転免許さえ持っていると性別・年齢関係なくチャレンジできる
 2-2.「未経験者歓迎」である会社が多い
 2-3.免許の取得がスキルアップの鍵!
 2-4.他の社員と関わる時間が少ない
 2-5.チャレンジしやすい
3.トラック運転手になりたい方必見!転職失敗しないために必要なこと
 3-1.1.社員が働きやすい環境づくりに取り組んでいる会社を選ぶ
 3-2.2.面接時に荷物破損の対応について確認する
 3-3.3.車両整備は誰が行うのか事前に確認する
 3-4.4.会社の雰囲気をチェックする
 3-5.5.雇用条件について曖昧に説明する場合は要注意
 3-6.6.「有給制度有り」は当然!取得率も必ずチェックを
4.転職を失敗しないために!トラック運転手の求人情報の探し方
 4-1.1.ハローワーク
 4-2.2.応募したい会社のホームページ
 4-3.3.転職エージェント
5.トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこと

トラック運転手へ転職失敗してしまう事例

トラック運転手へ転職失敗してしまう事例
冒頭でも申し上げたとおり、トラック運転手への転職は成功ばかりとは限りません。

「トラック運転手は高収入だから」と、トラック運転手へと転職したとしても後悔する方や、「思っていたよりもきつい」と感じてしまう方がいます

トラック運転手への転職を失敗してしまわないためにも、転職失敗例から見ていきましょう。

求人情報と実際の雇用条件が異なった


・「運転して荷物運ぶだけで、これだけの高収入が得られるなんて楽じゃん!」
・「週休2日制なら普通のサラリーマンと変わらない!」

このような安易な考えから、トラックドライバーへの転職を目指す方もいるかもしれません。

しかし中には、求人情報と実際の雇用条件が異なる場合もあります。

求人情報には「週休2日制」と書いてあっても、週休2日制ではない場合もあるのです。

なるべく、求人情報と実際の雇用条件との違いを無くすためにも、トラック運転手へ転職したいと考えている場合は、面接を受ける前にその会社の評判を必ずリサーチするようにしましょう。

万が一、求人情報と雇用条件が異なる場合は、次のようなに対応することをおすすめします。

・ハローワークの紹介で内定した場合は、ハローワークに相談する
・労働条件が異なることを理由に退職する

ちなみに、雇用主は労働者へ「労働条件通知書」を発行することが労働基準法によって定められています。

その内容には、これらの項目が記載されています。

・勤務地
・契約期間
・始業及び終業の時刻
・休日・休暇
・賃金
・退職に関する事項

会社側から「労働条件通知書」を発行されない場合は、自ら請求し、雇用条件について確認することをおすすめします。

【参照】厚生労働省 一般労働者用モデル労働条件通知書(常用、有期雇用型)

休憩時間がほとんどない会社も存在する


労働基準法では、1日の所定就労時間は8時間と決められています。

また、週単位で見ると40時間と決められているのですが、トラック運転手の場合、それが実現する会社ばかりとは限りません。

改善基準告示では、トラック運転手の場合、拘束時間は原則として1日13時間まで、延長したとしても最大16時間までと決められていますが、人員不足などの理由により、休憩する間もなく働かされることもあります。

求人を見る際には、会社の規模や経営状況だけを見るのではなく、有給休暇率や所定外労働時間の実績についても確認したほうが良いでしょう。

有給休暇率が高い場合や、所定労働時間数の実績値が低い場合は、人員も確保できており、休憩時間もしっかりと確保できている会社だと判断できます。

【関連ページ】 トラック運転手の仕事時間、日勤と夜勤の違いから給料までご紹介
【参照】国土交通省 【応用編】トラック運転者の労働時間等の改善の基準


頑張れば頑張るほど睡眠不足になる場合も


トラック運転手が高収入だと言われるのには、所定外労働が多いことも理由として挙げられます。

時間外勤務が多いと、その分時給も割増になるため、高収入が得られるのです。

しかし、真剣に取り組むほど勤務時間は長くなり、休憩時間も短くなるでしょう。

そのため、睡眠不足に陥ってしまい、心身ともに疲れてしまうという事態も避けられません。

トラック運転手へ転職する際には、無理のない範囲で働くよう、自分で調整することも重要なのです。

それによって、「トラック運転手への転職は失敗だった」と感じずにすむでしょう。

トラック運転手は人間関係が楽だと思っていたら…


「運転中は1人だし、人間関係が楽だからトラック運転手へ転職したい」という方もいるかと思います。

トラック運転手は、1人で荷物を運んで取引先へ届けるイメージが強いのですが、それだけではありません。

配達先決め、勤務時間のシフトの調整なども仕事内容に含まれています。

また取引先との関係が上手くいかず、悩む方もいます。取引先から横暴な態度を取られ、必要以上な要求を課せられることもあるようです。

荷物を配送中は1人であっても、他の社員や取引先と接する機会はあることを念頭に置くことによって、トラック運転手への転職後に「こんなはずじゃなかった」と感じずにすむでしょう。

トラック運転手への転職はここが素晴らしい!

トラック運転手への転職はここが素晴らしい!
「トラック運転手って思ったより大変かも…」と感じた方もいるかもしれません。

しかし、トラック運転手への転職は大変なことばかりではありません。次のようなメリットもあります。

【関連ページ】 トラック運転手への転職活動の進め方

運転免許さえ持っていると性別・年齢関係なくチャレンジできる


トラック運転手になるためには、特別な資格は必要ありません。運転免許さえ持っていると、性別・年齢関係なくチャレンジできるようになっています。

・特別な資格は持っていないけど高収入を得たい
・そうハードルの高くない仕事へ転職したい

このように感じる方にとっては、トラック運転手への転職は向いていると言えるでしょう。

ただし、トラックのサイズによって、必要な運転免許の種類が異なってきます。

より多くの求人情報から転職先を選びたい方は、中型免許や大型免許を取得しておいた方がいいでしょう。

【関連ページ】 中型トラックドライバーの仕事内容ときついところ・楽しいところは?
【関連ページ】 大型免許を活かせる仕事は大型トラックやダンプトラックドライバー


「未経験者歓迎」である会社が多い


求人票に「経験者優遇」と求人情報に書いていると、未経験者であった場合は、応募しにくいですよね。

トラック運転手の求人情報は「未経験者歓迎」と書いているものが多く、他業種に比べると比較的応募しやすい傾向にあります。

そのため
・トラック運転手としては働いたことがないけど、体力には自信がある
・車の運転には自信がある

という方も気軽に応募できるでしょう。

【関連ページ】 未経験歓迎のトラック求人情報

免許の取得がスキルアップの鍵!


トラック運転手は、取得した運転免許の種類によってスキルアップが可能です。

実際に現役のトラック運転手の中には、入社後に中型免許もしくは大型免許などの普通自動車免許以外の免許を取得し、スキルアップする方もいます。

今の仕事ではなかなかスキルアップのチャンスがない方や、「自分のキャリアアップを目指したい」と考える方にも、トラック運転手への転職は魅力的と言えるでしょう。

もちろん、運転できる車種の幅が広がると、転職できる可能性も広がります。他の会社への転職する場合も、自分にとっての強みとなること間違いなしです。

他の社員と関わる時間が少ない


トラック運転手は、シフトを組んだり、荷物の配送先を決めたりと、他の社員と関わることもありますが、他の職種に比べて個人で動くことが多い職業です。

他の社員と関わる時間が少なく、人間関係等によるストレスを感じづらいという点は、ドライブ運転手ならではの魅力と言えるでしょう。

現代の日本において、「人間関係」離職理由の上位に挙げられます。

それほど、人間関係に悩む社会人が多い中で、人間関係に悩む場面が少ないというのは、トラック運転手へ転職するメリットとも言えそうです。

仕事を通じて様々なエリアへ行ける


トラック運転手として働いていると普段、足を運ばないようなエリアに行く機会にも恵まれます。

仕事を通じて様々なエリアへ行けるというのは、トラック運転手の魅力と言えるでしょう。

特に、中距離・長距離トラック運転手となると、県をまたいで移動することもあります。

好奇心旺盛な方、地理が好きな方、観光好きな方にとっては、トラック運転手は楽しい仕事と言えるでしょう。

チャレンジしやすい


トラック運転手の求人には「未経験者歓迎」と記載されている求人が多い傾向にあります。

また、ネット通販の普及により、近年の配送業は多忙化しているため、必要な免許さえ取得していれば採用してもらえる可能性が高くなります。

トラック運転手は、チャレンジしやすい業種と言えるでしょう。

ただし、誰でもチャレンジしやすい分、様々な年齢層の方が働いています。また、年齢よりもキャリア重視の世界でもあります。

他の社員と仲良く働くためにも、協調性が求められることを念頭に置いておきましょう。

トラック運転手になりたい方必見!転職失敗しないために必要なこと

トラック運転手になりたい方必見!転職失敗しないために必要なこと
トラック運転手は
・大変
・重労働
・ブラック企業

とネガティブなイメージが強いですが、転職を成功させている方もいます。

トラック運転手への転職が失敗しないために必要なことについてまとめてみました。

1.社員が働きやすい環境づくりに取り組んでいる会社を選ぶ


トラック運転手として転職を成功させるためには、社員が働きやすい環境づくりに取り組んでいる会社を選ぶことも大切です。

転職する場合は、給料面だけではなく、福利厚生や新人研修に力を入れているのかについてもチェックしましょう。

トラック運転手は未経験者でできるとは言っても、いきなり大きなトラックを運転するのは少し緊張しますよね。

新人研修に力を入れている会社であれば、先輩社員から運転中に注意すべきことなど教えてもらえます。

また、トラック運転手は同じ姿勢で長時間運転するため、足腰を痛める方も少なくはありません。転職する際には、社員の健康管理に力を入れている会社であるかもチェックすることをおすすめします。

健康管理に力を入れている会社であれば、社員が長年トラック運転手として活躍できるために、適切にサポートしてくれる優良な会社と判断できるでしょう。

2.面接時に荷物破損の対応について確認する


運送中に、予期せぬトラブル等により荷物が破損することもあり得ます。面接時に必ず荷物破損の対応について確認しましょう。

荷物破損については、運送業者によって対応がバラバラです。ドライバーが負担する会社もあれば、手当を減給するといった対応を取る会社もあります。

万が一、破損してしまった物が高額だった場合、ドライバー自ら支払うことになると、相当な負担になってしまうでしょう。

入社後に「壊したから払ってね」と会社に言われ悩むことがないよう、必ず面接時に確認することをおすすめします。

3.車両整備は誰が行うのか事前に確認する


運送会社によっては、ドライバーに車両整備を任せる会社もあります。

自動車の作りに詳しい方はある程度の知識はあるにしても、自動車に興味がない方にとって車両整備は難しいですよね。

日頃の車両整備は誰が行うのか、面接時に確認した方がいいでしょう。

万が一、運送中に整備不良が原因で、大きな事故が起きてしまったら取返しのつかないことになってしまいます。

自分の身を守るためだけではなく、他人に迷惑をかけないためにも、車両整備の件は事前に確認しておくことをおすすめします。

4.会社の雰囲気をチェックする


働き方改革により、トラック運転手の労働環境が改善されつつあるといっても、まだまだブラックな会社は存在します。

転職失敗しないためにも、会社の雰囲気をチェックするようにしましょう。

次の特徴が見受けられる会社であれば、ブラックの可能性が高いため要注意です。

・歩合制で固定給が少ない
・平均勤続年数が短い
・配置している車両が古い
・ドライバー数が少ない

では、なぜこれらの理由に該当したらブラックと判断できるのか、理由を説明していきます。

求人情報に「歩合制」と書いていると「頑張れば頑張るほど給料が上がるのでは」と思いがちですが、実は運送業では、そう簡単に給料が上がることはありません。

歩合制といっても、売上の約3~4割程度しかドライバーには支払わない会社が多いからです。売上の約3~4割程度という数字は決して大きな割合ではありませんよね。

転職失敗しないためには、固定給、かつ諸手当がしっかりしている会社を選んだ方がいいでしょう。

また、社員の平均勤続年数が短い場合も要注意です。社員が長く続かないということは、働きにくい会社だということを示しています。

応募する会社を決めたら、必ず社員の平均勤続年数も調べた方がいいでしょう。

そして、目で見て分かる判断基準として
・社員数
・車両の古さ

が挙げられます。車両の古さと社員数の少なさは、経営が芳しくないことを示しているため、注意が必要です。

社員が少ないと会社で働くと、その分一人ひとりの業務内容が増えるため、長時間労働になる可能性が高いでしょう。

また、車両が古い場合、安全装置が完備されてない可能性もあるため、交通事故に遭うリスクが高くなります。

応募時には、このようなポイントにも注目することが大切です。

5.雇用条件について曖昧に説明する場合は要注意


転職失敗しないためには、入社前に雇用条件を明白にしておくことが大切です。

面接時など、雇用条件について尋ねた場合に曖昧に説明する会社であれば、注意したほうがいいでしょう。

ブラックな会社とは断定できませんが、安心して働ける会社とも言えません。

雇い主は、働き手に対し、「労働条件通知書」として労働条件を通知する義務があります。

労働条件通知書は、パート社員であっても、フルタイム社員であっても発行しなくてはいけません。

雇用条件を曖昧にされた場合は、
・労働条件通知書の作成を依頼する
・危険を回避するためにも他の会社へ応募する

といった対応をとったほうがいいでしょう。

6.「有給制度有り」は当然!取得率も必ずチェックを


「有給制度有り」と求人情報に書いているからといって、即座に安心してはいけません。

勤続月数6か月以上経過した社員には、パート社員であれ、フルタイム社員であれ、有給休暇を付与しないといけないと労働基準法で定められているからです。

転職失敗しないためには、社員の有給休暇取得率に注目してみましょう。

有給休暇取得率が高ければ、人員数は十分に足りていて、有給休暇が取得しやすい環境であると判断できます。

また、働き手も働きやすい労働環境が整備されていると言えるでしょう。

転職を失敗しないために!トラック運転手の求人情報の探し方

転職を失敗しないために!トラック運転手の求人情報の探し方
トラック運転手への転職を失敗しないためには、求人情報の探し方も大切になってきます。

特に初めてトラック運転手として働く方は、運送業界に詳しくないこともあり、求人情報の探し方には慎重になった方がいいでしょう。

入社後に「こんなはずじゃなかった」「入社前に聞いていた労働条件と違う」といったトラブルを避けるためにも、次のような方法でトラック運転手の求人情報を探すことをおすすめします。

1.ハローワーク


ハローワークは、求職者の転職先が無事に決まるまで、応募先と求職者の間に入って何度もやり取りをしてくれます。

【参照】 ハローワークインターネットサービス

また、求職者の条件を踏まえて求人票を紹介してくれるため

・求人情報のどこに注目していいか分からない
・自分のニーズに合った仕事の探し方が分からない

という方は安心して仕事を探せるでしょう。

ただし、会社によってはハローワークに提示している雇用条件と、実際の雇用条件が異なる場合があります。

その場合は、専用ダイヤル「ハローワーク求人ホットライン」で電話することをおすすめします。

ハローワーク求人ホットライン:0368588609

2.応募したい会社のホームページ


応募したい会社のホームページから応募する方法もあります。

・ハローワークに行く時間がない
・ネットで手軽に応募したい

という方は、応募したい会社のホームページから応募する方法が合っているでしょう。

ただし、トラック運転手初心者の方には少々ハードルが高いと言えます。

転職失敗しないためにも、初心者はハローワークや転職エージェントを介すことをおすすめします。

3.転職エージェント


「ハローワークではなかなか希望どおりの求人を見つけられない」という方は、転職エージェントで求人を探す方法もおすすめです。

転職エージェントは無料で利用できる上に、ハローワークでは公開されていない求人票を紹介してくれる場合があります。

また、担当者が履歴書の添削してくれたり、面接の練習に付き合ってくれたりと、手厚いサポートを受けられるサービスがあります。

「面接が苦手」という方にとって、面接の練習に付き合ってくれるという点は魅力的ですよね。

ただし、転職エージェントを介しての求職は、時間がかかるというデメリットもあります。急いで転職したい方には不向きと言えるでしょう。

トラックドライバーへの転職失敗を避けるために大切なこと


トラック運転手へ転職する場合、しっかりと入社前に会社の情報を調べ、雇用条件をはっきりとさせることによって、転職失敗ということは避けられます。

転職に失敗しないためにも、ご自身の希望をリストアップしておき、面接時にはクリアにしておきましょう。

働き方改革により、トラック運転手の労働環境も改善されつつあります。

また、年齢・性別関係なくチャレンジできるトラック運転手は、誰にでも活躍できる職種とも言えるでしょう。

・自分の強みとなるスキルを身につけたい
・高収入が得られる仕事がしたい
・運転スキルには自信がある

という方は、ぜひトラック運転手への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】 【トラQ】転職ガイド記事一覧
この記事の執筆・監修
トラQ編集部 佐藤 哲津斗

運営会社、株式会社しごとウェブの代表。運送業界に貢献できるようにトラQを運営しています。
トラQを使っていただいている皆様の仕事探しのお役に立つことができれば幸いです。

関連する記事