1. トラックドライバー求人トラQ
  2. 転職ガイド
  3. トラックドライバーの自己PRの書き方と例文を解説
最終更新日:2022-03-16

トラックドライバーの自己PRの書き方と例文を解説

トラQ編集部
トラックドライバーの自己PRの書き方と例文を解説
自己PR文は、志望動機と同じくらい、もしくはそれ以上に書くのが難しい…そう感じていらっしゃる方は多いかと思います。

【関連ページ】 トラックドライバーの転職理由は?仕事内容や志望動機の書き方

それにどんな内容を書いたら正解なのか、正直よくわかりませんよね。

今回はトラック運転手へと転職する際に、どのように自己PR文を書いたら良いのか、例文もまじえて解説していきます。


【トラック運転手への転職】自己PRの書き方

【トラック運転手への転職】自己PRの書き方
自己PRは文字通り自分を表現する部分だと触れましたが、転職活動においては、単純に自分がどういう人物かという点だけ書いたら良いというわけでもありません。

具体的に何を書いたら良いのでしょうか?また、どんな構成で書いた方が良いのでしょうか?

それでは詳しく見ていきましょう。

自己PRの書き方①自分のスキルやキャリアを振り返る


自己PR文を書き始める前に、まずは自分が持っている資格やこれまでの仕事で得たスキルなどを見直しておきましょう。

もしも過去にドライバーの経験があるのなら、それは絶対アピールしておきましょう。

経験者であるということは即戦力にもなれるということなので、即戦力を求めている会社は採用したくて堪らないはずです。

反対に、「これまでの職はまったくトラック運転手の仕事とは関係ない」という方は、「〇年間ゴールド免許で日ごろから安全運転に努めている」ということをアピールしたり、もともと運転が好きであるということをアピールしたりしましょう。

【関連ページ】 トラック運転手への転職で年齢は不利になるか

自己PRの書き方②会社に貢献できる点をアピール


自分のスキルやキャリアについて振り返ったあとは、それらを踏まえつつ、トラック会社に転職してトラック運転手という立場でどのように貢献していけるのかを考えましょう。

「自分は入社したらこれだけ頑張れる」ということを、過去のキャリアも踏まえつつ書くのがベストです。

まずは過去にトラック運転手を経験している方についてみていきます。

配送と言ってもピンキリなので、具体的にどんな会社のどんな荷物を扱っていたか、業務を通して何を学んだかについて書くようにしましょう。

トラック運転手の経験がない方は、これまでの自分の業務態度や身に付けてきたスキルの中で、トラック運転手として働く中でも活かせそうなスキルを挙げて、積極的にアピールしましょう。

自己PR文の構成


自己PRの文章構成に決まりという決まりは特にありませんが、書いておくべき事項は最低限決まっています。

一般的には8割枠を埋める程度がちょうど良いとされています。

しかし、自己PR欄にギッシリ書きすぎても読む気が失せて読んでもらえないなんてこともあるので、程よい文章量で読みやすく書くことが重要になってきます。

文章をただ書き連ねるのではなく、ブロックごとに見出しを設けると読みやすくなるでしょう。
例えば
・自己紹介
・保有資格

上記2つの項目が自己PRの根幹になるかと思います。

自己紹介の中では職歴についても触れるはずです。その話題についても、一目で内容を理解できるような見出しを付けたほうが良いでしょう。

自己紹介の中では、最初に「自分はどういう人間であるか」を一言で表現するのがおすすめです。

例えば「一言で言うと私は粘り強い人間です」「責任感がとても強く、どのようなことにも真剣に取り組める人間です」というように、自分の長所をアピールしましょう。

トラック運転手は時間厳守が基本であり、しかも肉体労働です。

そのため、トラック運転手の場合は自分がいかに「真面目で責任感の強い、そして体力のある人物」であるかをアピールすると良いでしょう。

また、自己紹介の中では今まで経験してきた職務内容やどのようなポジションで働いてきたかを書くと良いでしょう。

「トラック運転手の経験がないからなぁ…」と思っている方もいらっしゃるでしょう。先ほど触れたことと少し重なりますが、その場合は今までの職務の中でトラック運転手として生かせそうなスキルを推す文章を考えると良いでしょう。

保有資格では、自分が持っている資格を書きましょう。

もしも今、トラック運転手としての業務に役に立ちそうな資格の勉強をしているのであれば、それもアピールしても良いかもしれません。

自己PR文:例文


・自己紹介
私は一言で言うと「責任感が強い」人間です。

前職では5年間営業として働いていましたが、常に満足することなく段階的に目標を掲げていき、営業成績を伸ばしてきました。その努力の甲斐あって、着実に営業成績を伸ばし、入社〇年目の〇月には営業トップとなりました。

・時間に正確で人当たりも良い
営業では外回りの際に何社か回ることが度々ありましたが、私は5年間一度も時間に遅れたことがなく、人当たりも良いため、私と継続して契約してくださる会社も多くありました。

営業で身に付けたこの「時間に正確に動く」というスキルと人当たりの良さは、貴社でも活かせるだろうと確信しております。

・保有資格
普通自動車第一種運転免許を取得しております。もともと運転が好きでよくドライブをしますが、安全運転を徹底しており、7年前に免許を取得してから現在にいたるまで、無事故無違反を貫いています。

また、即戦力となれるよう20××年×月に中型自動車第一種運転免許も取得いたしました。

貴社へ入社後は、免許補助制度を利用して大型自動車第一種運転免許を取得し、トラック運転手としてスキルアップに励みたいと考えております。

志望動機と内容が重ならないように注意する


自己PR文を書いているときに陥りやすいのが「志望動機と内容が重なっている」という事態です。

志望動機は主に「なぜこの会社を志望しているのか」を記す場所です。自己PRは「自分がどれだけ会社に貢献できる人間か」ということを売り込む場所です。

こうやって定義を説明するのは簡単ですが、いざ書いてみると意外と混同してしまいがちです。

自己PRを書くときは、先ほどの構成の部分でも例示したように、あらかじめいくつか書きたい項目を立てておくなど、内容が重ならないように工夫しましょう。

【関連ページ】 トラック運転手の志望動機の書き方とコツを解説

トラック運転手へ転職する際の自己PRの書き方まとめ

トラック運転手へ転職する際の自己PRの書き方まとめ
それでは最後に、トラック運転手への転職の際に書く自己PR文について、重要なポイントを押さえておきましょう。

・自分のスキルやキャリアを振り返ってまとめておく
・自分がどんな人間か一言で表せるようにする
・前職の経験の中でトラック運転手に生かせるスキルは強調する
・志望動機と内容がかぶらないようにする


以上が重要なポイントになります。企業側は、人柄だけで採用するわけではなく、仕事に取り組む際の姿勢や適性を見極めています。

その観点から見ても自己PR文は重要な判断要素の一つなのです。

面接では当然、自己PRの時間があり、職歴を改めて問われます。

自己PR文で書いたことは、くれぐれも忘れないように、面接で話す内容と自己PR文とが矛盾しないように気を付けましょう。

【関連ページ】 トラック会社への面接準備について解説
この記事の執筆・監修
トラQ編集部 佐藤 哲津斗

運営会社、株式会社しごとウェブの代表。運送業界に貢献できるようにトラQを運営しています。
トラQを使っていただいている皆様の仕事探しのお役に立つことができれば幸いです。

関連する記事